日本画家 坂上楠生
Japanese Style Painter Nansei Sakagami
サイトマップ お問い合わせ english
 
ホーム
ギャラリー
お知らせ
経歴
解説・コメント
ダウンロード
掲示板
リンク
Comments メニュー
「坂上楠生さんの新しさ」-宮本輝
大和絵について
大和絵と私


大和絵について
 ここでは難しい学問的考察は行いません。ごく簡単に述べてみます。
 まず、「大和絵(やまとえ)」という言葉の由来は中国の「唐絵 (からえ)」(水墨画)に対して、平安時代国風化の波にともない、 日本的な線描彩色画を「やまと絵」と呼ぶようになりました。  「漢詩」が中国の詩で、「和歌」が日本の詩という区別と似たものです。その後もやまと絵は、日本の歴史の中で創意工夫を尽しな がら、日本人の美意識のなかにしっかりと組み込まれ、アイデンティティとなっています。  
 さて、やまと絵と聞いて思い浮かべるものは何でしょう。思うがままに述べてみましょう。王朝の雅(みやび)とロマン、十二単、御所車、源氏物語絵巻、枕草子、貴族文化、宮廷絵所、屏風絵、障壁画、俵屋宗達、尾形光琳、琳派、土佐光起、土佐派、蒔絵、文様、 着物、扇、春夏秋冬、雪月花、等々数え上げればきりがありません。 それくらい、日本人の生活に密着したポピュラーな美といって良いでしょう。
 初めは貴族社会から生まれたやまと絵ですが、江戸時代以降には武士階級にも用いられ、さらに商人、町人など庶民にもささえられ、 まさに国民的な指示を得た、美のジャンルと言えるでしょう。
 
坂上 楠生
 
 
- 当サイトに掲載されている画像を無断で複写、改変、転載することを禁じます -
Copyright©2000-2014 Nansei Sakagami. All Rights Reserved.